<< 久しぶりの英会話ネタだけどちゃ... BGMはハネウマライダーで。 >>
頼むよ・・・父ちゃん・・・
施設に入っている祖母の見舞いの帰り
「車の中のほうが家にいるよりも涼しい」という理由で
少しドライブして帰ろうと、自分の運転の練習も兼ねて
父と少し遠回りして帰ることにした。。
紫波から峠を越えて雫石に出る道を進んで行くと
舗装された道から砂利道を進むこと30分・・・
ほんと、峠道ってこのことだわって思った。
道の両脇には生い茂った草木がせり出し
砂利道というには大きすぎる石がゴロゴロと
そして沢からの水がチョロチョロと流れ
一部はぬかるんで大きな水溜りもある。
そこにタイヤがはまったらきっと抜け出せない・・・
日が沈むまでにこの道から逃れられるんだろうか・・・
ゴールはいったいどこにあるんだろう・・・
夜になったら真っ暗だろうなぁ・・・
・・・なんか出そうだなぁ・・・
脇にそれて転落してもなかなか気づかれないだろうなぁ・・・

思考はどんどんマイナスになっていき
父がボソッと
「・・・戻るか?」

えぇっ!!
もう30分も進んでるのに!
あの道をまた引き返すの?
第一、父ちゃんがここ行くって行ったから進んできたのに!!


おまけに

「この道どこに出るんだろう?」って

えぇっ!!
知ってるんじゃないの?


「Uターンできるような幅もわき道もないし
前進あるのみ!だな。」 って・・・
おいおい・・・

そんなこんなで
1時間、峠道を走り続け
舗装された道にたどり着いたときには
「あぁ、生きて帰れたぁ(;_;)」って
心からほっとしましたよ。

車のクーラーで体は冷やされ
無事帰れるのかと心も冷やされ
結果として涼しさを得られたということで
目的達成?なの?

今日得た知識

「父ちゃんの言うことには疑ってかかれ。」

です。
[PR]
by cloudpark | 2006-08-06 20:09 | できごと
<< 久しぶりの英会話ネタだけどちゃ... BGMはハネウマライダーで。 >>


AX