<< 雲もまるで秋のような 運が開ける橋がライトアップ中。... >>
空を飛びたい
そう、それはまるで水中でバタ足をするように
足をパタパタとさせると
ふわっと体が中に浮いて
自由に空を飛ぶことができた。

あるとき自由に家の周りを飛んでいたら
近くの踏み切りでなにやら事故?
行ってみると
「どこ行ってたのよ!パーマン2号!もうすんじゃったわよ。」
と、怒られた。

・・・・

そう、私 パーマン2号 だった。




そんなふうに、空を自由に飛べる夢を
子どもの頃は何度も見ていたのに
もうここ何年空を飛んでいない。

どうして飛べなくなったのか?
空を飛べる資格を失ったのだろうか
どこで失ってしまったのだろう。




体重制限があったのかなぁ・・・。
[PR]
by cloudpark | 2007-08-26 21:28 | 思い考える
<< 雲もまるで秋のような 運が開ける橋がライトアップ中。... >>


AX